1. TOP
  2. 福を願う体験談
  3. ラッキーナンバーは「9」

ラッキーナンバーは「9」

縁起物というより運試しそのものなのですが、私は宝くじを購入する際に自分なりのルールに従って買っています。「必ず3枚バラ」で買うということです。3枚バラで買えば、1枚300円なので合計で900円。私のラッキーナンバーが9(だと勝手に思っている)なので、それにちなんだ買い方です。

過去の入試や検定試験、面接、運転免許の路上検定に至るまで、うまくいった時の日付には9が入っていたり、受験番号に9が入っていたり、運転免許の時は試験車の番号が39番だったりして、なんとなく9にまつわる出来事では成功してきているので、それにちなむようにしているのです。

9枚買うという方法もあるにはあるのですが、合計で2700円にもなってしまって、それだけ出して当たらなかったらそのショックは結構大きい……ということで、1000円以内に収めればショックもそれなりにすることができますし、当たったらやっぱり嬉しいということで、そのちょうどいいラインが1000円なんです。

この買い方を10年ほど続けてきていますが、3枚買ったうちの1枚は必ず300円が当たります。逆に言えば300円しか当たったことがないので、必勝法というようなたぐいのものではないでしょうが、そもそも高額当選なんてするものではないと思って買っていますし(当たったらそれはもちろん嬉しいんですが)、1枚はとりあえず当たったよ、ということで「まぁ、普通レベルの運は維持できているかな」というのを確認するのが、どちらかというと主になっています。

しかし買っているからには高額当選の可能性もゼロではないわけで、もし何億円もの大金が一瞬で手に入ったら……というのは宝くじを買うたびに考えています。今は郊外でアパート暮らしをしていますが、都心の一等地に土地を買って、大きな一戸建てを建ててやろうとか、中古で12万キロも走っている車はもうやめて高級外車に乗ろうとか、スーツもテイラーメイドの高級品でビシッと決めて出勤しようとか、そもそもそんな大金を手にしたら仕事は続けるんだろうか、など一旦始まると止まらなくなります。地味にこの買い方を続けているうちに、そんなことになるかも知れません。きっとその時の当選番号には、しっかり「9」が入っていることでしょう。

ご利益を信じる信じないはあなた次第!

⇒ 福を願う体験談へ戻る